| main | 最古の記憶 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2006.09.05 Tuesday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
可能性は無くはないってこった
まずはじめに 居酒屋で出されるお通し代わりにご挨拶

はじめまして☆ポルキス佐藤と申します。
何やらたいそうなblogの名前をつけてしまったけれども日頃のメモ代わりにblogを作ってみただけです。とは言ってもタイトルの“僕が生まれた事で起こり得る世界の誤算と可能性”についてはおいおい検証していくつもり。

あぁ〜その前にポルキス佐藤のポルキスって何ぞや?って疑問から解決しなければ!
ポルキス錠という薬がありまして。排尿障害の治療薬。これを僕は定期的に常用しないといけない体だから。ポルキスと共に生きている僕。25歳にしてペニスに爆弾抱えちゃってるわけだ。

オレはポルキス錠を2錠ばかしガリガリと噛み砕き、胃に流し込んだ後、知り合ったばかりの女を抱いた。


こうして書いてみるとすんなり耳に馴染む気もするけど、尿道痛いだけの情けない男の話だからね。
でも中には素敵だなんて思ってくれる人いるかもな。

まぁ可能性は無くはないってこった

【2005.02.27 Sunday 20:52】 author : ポルキス佐藤
| 可能性 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2006.09.05 Tuesday 20:52】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック