<< 可能性は無くはないってこった | main | 月面への着陸は人類の偉大なる一歩なのか >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2006.09.05 Tuesday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
最古の記憶
一番古い記憶は何ですか?


僕が記憶している最も古い記憶について

僕はまだ歩けず、母ちゃんの背中に括られていた。その日はとても暑い日だった。母ちゃんは何故か学校の校庭のような場所にいる。多分兄貴の運動会だったのだろう。

母ちゃんの手には緑色のテープを両端につけた棒が二本。

こんな感じの棒だった。

そして周りは何やら同じ棒を持った人が集まってきて、音楽が鳴り出し、しまいには踊り出してしまったではないか。

棒踊りを始めた母ちゃんだが、僕はといえば背中に括られたままで、炎天下の中、身動きが取れない状況。

それまでは直射日光が当たらない場所にいた為特に気にはならなかったがとにかく暑い

僕は何とかこの過酷な状況下を伝えようとするのだが、僕はそれを伝える言葉を覚えていなかった。

ここまで書くと話を盛っていると確実に思われるのが悔しい。本当に事実なのだ。僕が背中に括られながら考えた事は


『どう伝えればこの危機的状況を母ちゃんに分かってもらい日陰に行けるのか』


もう既に読んでくださってる方に作り話と思われてるのは百も承知だ。しかし繰り返すが事実なのだ。

僕が取った行動。


ひたすら泣き続ける


それしか思いつかず、僕は泣いた。泣き続けた。故意的に泣いたのだ。しかし母ちゃんには何も伝わらずユッサユッサと揺らされるばかり。真夏の昼下がり、炎天下の中縛られた状態で縦に体を揺らされる状況を想像してみてはくれまいか?子供心に怨みを覚えたのだ。


これが僕が記憶している最古の記憶だ。
この話をするといつも笑われるが、他に誰かいないのだろうか。特に僕が探しているのは言葉を覚えていなくて困ってしまった記憶を持つ人を探している。あのもどかしさを共感出来る人はいないのだろうか…。
【2005.02.27 Sunday 22:36】 author : ポルキス佐藤
| 誤算 | comments(4) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
【2006.09.05 Tuesday 22:36】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
映画の侍もよかったが、この超個人的ブログも大好き

君との付き合いは10年目に突入するが、この話は初耳w
| しゅん | 2005/02/28 10:50 AM |
真夜中だけども、こんにちは〜。
たまたまGeorgeさんとこ経由でココを発見!
面白いです。懐深いですなぁ。。
ちなみに、、、惹きつけられてるときは、
2錠飲むその姿こそ、官能的にやきつくと思われ。。。

| aina | 2005/03/03 2:46 AM |
>しゅん様
どうせ信じてもらえないといつの日か言わなくなった話です。
超個人的ブログと言いますが超世界的ブログのつもりですのであしからず…。

>aina様
2錠飲む姿こそ官能的でしょうか。。なるほど。
それでは僕は歩く官能菩薩となりましょう。
| ポルキス佐藤 | 2005/03/05 1:13 PM |
Good site and good blog.Thanks
| OnlineSlot | 2006/03/17 12:11 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://brocky.jugem.cc/trackback/19
トラックバック
再アップ
自分の一番古い記憶はなんだろうか。これは半年ほど前に書いたもので、保存されずに消えてしまって二度と書く気が起こらなかったが急にまた今書きたくなった。私の一番古い記憶は、たぶん幼稚園ぐらい。幼稚園に入る前なのか入った後なのか分からないんだけど、あれだけ
| ドイケンブログ 妄 | 2005/06/18 9:42 PM |